番組表
ON AIR

ニュース・スポーツ

”県下一斉防災点検” 鹿児島県姶良市 市長らが災害現場などをパトロール

2020年5月26日16:25

九州南部の梅雨入りを前に鹿児島県姶良市で防災パトロールが行われ、2019年の豪雨による災害現場などをチェックしました。

26日のパトロールでは、姶良市の湯元敏浩市長と防災担当者らが災害の恐れのある場所などを視察しました。

このうち、姶良市加治木町の九州自動車道加治木ジャンクションと溝辺鹿児島空港インターチェンジ間の市道は、2019年7月1日に道路脇の斜面が崩れて高速道路に土砂が流れ込みこの区間が5日間にわたって全面通行止めとなりました。

現在は、この斜面をコンクリートで固める工事が進んでいて、2020年7月に完了する予定だということです。

【姶良市 湯元敏浩市長】
「人間が思う以上に災害は大きくなっていくこともあるが、それにも対応できるように考えていきたい」

過去の記事