番組表
ON AIR

ニュース・スポーツ

緊急事態宣言が全面解除 鹿児島県民の受け止めは?

2020年5月26日17:59

緊急事態宣言が全面解除されたことを鹿児島県民は、どう受け止めたのでしょうか。街の声を聞きました。

【街の声インタビュー】
「第2波、第3波って必ず来ると思うので完璧に終息してから解除の方が個人的には安心です」

「(県外に)行きたいけど行けない。もし自分が(県外で)うつってこっちに持ってきたことを考えるともう少し様子見てから動き出そうと」

「今年に入ってから(県外の友人に)会っていない。みんなに会いたいというのもあるけどそこは我慢するしかない」

「今年いっぱいは東京にも行けないと思うから行かないでいます」

【帰省中に緊急事態宣言が出た親子】
「埼玉なんですけど戻れなくなってしまって、子供は父親と2ヵ月半近く会えなかった。久しぶりに帰ります」
Q お父さんと遊びたい?
「おもちゃで遊びたい」

【お店の人】
「治療薬ができて大丈夫になったらぜひ鹿児島に遊びにきてほしいな。やっぱり今は控えてほしい」

なお、鹿児島県は新型コロナウイルスに感染が確認され、県内の感染症指定医療機関に入院していた奄美市の40代の男性が26日、退院したと発表しました。

これで県内で感染が確認された10人全員が退院したことになります。

過去の記事