番組表
ON AIR

ニュース・スポーツ

鹿児島県出水市 帰省を自粛する学生たちに”エール” 地元の特産品送る

2020年5月28日11:59

鹿児島県出水市では新型コロナウイルスの影響で県外からの帰省を自粛している学生たちに、特産品を送る事業を行っています。

出水市の「頑張る学生応援事業」は新型コロナウイルスの感染拡大防止のため帰省を自粛している学生を支援しようと始められたものです。

対象は県外で暮らす出水市出身の中学生以上の学生で、市のホームページに掲載されたおよそ60品目の特産品から選んだ物を無料で受け取ることができます。

この日は出水市のスーパーから地元産の冷凍鶏肉や従業員手作りのハンバーグなど、申請のあった特産品が県外の学生に送られていました。

【出水市企画政策課 松岡秀和課長】
「第一陣として220名の方にお送りを致します。この特産品を食べて出水市を思い出して元気になってもらえればと思う」

出水市では、5月末までこの事業の申し込みを受け付けています。

過去の記事