番組表
ON AIR

ニュース・スポーツ

接待を伴う飲食店に対し休業要請 「ディスカバー鹿児島キャンペーン」も一時停止

2020年7月6日20:10

鹿児島県は鹿児島市のショーパブのクラスター発生を重く見て接待を伴う飲食店に対し8日から2週間、休業要請を行うことを発表しました。

県は新型コロナの県内の感染拡大が広がっていることから、病床が逼迫するおそれがあるとして、休業要請を行うと発表しました。

対象業種は今回クラスターが発生したショーパブの他キャバレー、ナイトクラブ、バーなどのうち接待を伴う飲食店で県内で約1600店に上るということです。

休業要請の期間は8日から7月21日までの2週間です。

休業要請に協力した事業者には最大で30万円が支給されることになります。

県内で休業要請が出されるのは、5月14日以来、約2カ月ぶりのことです。

また、県民2万人に最大1万円分の宿泊券発行を助成する「ディスカバー鹿児島キャンペーン」についても新規感染者や感染経路不明者などの数値が県の事業継続の目安を超えたため、8日から2週間、事業を停止するということです。

県では宿泊券の利用期間の変更など行うとしています。

過去の記事