番組表
ON AIR

ニュース・スポーツ

病害虫ミカンコミバエ 鹿児島市で初確認

2020年7月7日19:08

鹿児島県は7日、かんきつ類などの果物を腐らせる病害虫のミカンコミバエが、初めて鹿児島市で確認されたと発表しました。

県によりますと、鹿児島市のマリンポートかごしまに設置されたわなで6日、ミカンコミバエの雄の成虫1匹が確認されたということです。

ミカンコミバエが鹿児島市で見つかったのは今回が初めてです。

また、薩摩川内市でも7月3日、5年ぶりに雄の成虫1匹が確認されたということです。

ミカンコミバエは、国内では1986年に根絶されていますが、東南アジアなどから飛来したと思われる成虫が、2019年は県内で35匹、2020年は6月までに31匹確認されています。

県は、今後の状況を注視し、国などと連携して対応したいとしています。

過去の記事