番組表
ON AIR

ニュース・スポーツ

土砂崩れに車が巻き込まれる 男性をヘリで救助 鹿児島・錦江町

2020年7月8日12:11

鹿児島県錦江町の国道で8日、崩れた土砂に走行中の車が巻き込まれ、乗っていた男性が海上保安部のヘリコプターで救助されました。男性に意識はあるということです。

消防などによりますと、8日午前6時半すぎ、錦江町神川の国道269号線の道路脇の斜面が幅40メートルから50メートル、高さ約1.5メートルにわたって崩れました。

この土砂に、近くを走行していたとみられる軽トラックが巻き込まれました。

軽トラックは道路沿いの海に流されましたが、軽トラックに乗っていた63歳の男性は崖にいたところを海上保安部のヘリコプターで救出され、病院に運ばれました。

男性は頭にけがをしているものの、意識はあるということです。

この土砂崩れの影響で現在、国道269号線は現場付近で全面通行止めとなっていて、復旧のめどは立っていません。

過去の記事