番組表
ON AIR

ニュース・スポーツ

熊本県の被災地へ職員2人を派遣 鹿児島・川内川河川事務所

2020年7月9日12:00

鹿児島県の川内川河川事務所は、記録的な大雨で甚大な被害が出ている熊本県・球磨川流域への災害支援として9日、職員2人を派遣しました。

派遣されたのは、川内川河川事務所の谷本泰晃係長と坂田朋幸技官で、被災地で活動する災害対策用機械の運用管理などを行う予定です。

出発を前に2人は取材に応じ、坂田朋幸技官は「被災地の方の役に立てるよう一生懸命頑張りたい」、谷本泰晃係長は「少しでも前線(の位置)がずれていれば、川内川も災害に見舞われていた。(地元に)戻ってきてから(活動に)生かしたい」と決意を述べました。

2人は同僚に見送られて早速、被災地へと向かい、7月12日まで災害支援を行う予定です。

過去の記事