番組表
ON AIR

ニュース・スポーツ

鹿児島市・天文館に臨時のPCR検査場 約500店舗対象

2020年10月26日19:50

9月に2例目のクラスターが発生した鹿児島市の天文館地区に臨時のPCR検査場が設けられました。飲食店などで働く希望者を対象に、10月26日から11月6日まで検査が実施されます。

鹿児島市千日町の天文館公園です。

普段は倉庫として使われている公園内の管理棟が、26日から9日間、臨時のPCR検査場として活用されます。

天文館地区では先月、接待を伴う飲食店などで2例目のクラスターが発生し、これまでに33人の感染が確認されています。

今回の検査は、その後、感染が広がっていないかを確認するために、鹿児島市が県の協力のもと行うもので、天文館地区で働く人たちが検査を受けやすいよう、近くの公園に臨時のPCR検査場が設けられました。

検査の対象となるのは、9月、クラスターが発生した店舗が立地する通りの飲食店など約500店舗で、検査料は無料で、検査を受けるかどうかは任意です。

鹿児島市保健所保健予防課の吉住嘉代子課長は「忘年会や新年会のシーズンになる。もし感染した方がお店を利用してもそこから広がらない、広げないような対策を練ることができる。ひとつのきっかけにもなるのではないか」と話していました。

検査を受ける場合は、店ごとに事前の申込が必要で、検査日からさかのぼって2週間分の利用者名簿を作成した上で、密集を避けるため、市が指定する日時に来場します。

管理棟の中には医師1人、看護師2人が待機していて、1分程度で鼻の奥の粘膜から検体を採取し、その後は、通常の検査と同じように、結果が判明次第、電話で連絡を受けます。

検査は、土日祝日を除いて来月6日まで行われますが、現時点での申込者数や、検査を受けた人の数について、鹿児島市は「受検率に影響が出る可能性がある」として、実施期間を終えるまで公表しないとしています。

過去の記事