番組表
ON AIR

ニュース・スポーツ

横断歩道を渡っていた男性がトラックにはねられ死亡 運転手を現行犯逮捕 鹿児島・枕崎市

2021年3月3日15:32

3日午前、鹿児島県枕崎市の国道で横断歩道を渡っていた89歳の男性が右折してきたトラックにはねられ、死亡しました。警察はトラックを運転していた67歳の男を過失運転致傷の現行犯で逮捕しています。

警察によりますと3日午前10時20分ごろ、枕崎市中町の国道226号線の交差点で横断歩道を渡っていた枕崎市宮前町の無職、日渡節男さん(89)が右折してきたトラックにはねられました。

日渡さんは頭などを強く打ち病院に運ばれましたが、約3時間後に死亡しました。

現場は信号機と横断歩道のある見通しの良い交差点だということです。

この事故で警察は、トラックを運転していた枕崎市板敷本町の運搬作業員、板敷浅内容疑者(67)を過失運転致傷の現行犯で逮捕しました。

警察の調べに対し板敷容疑者は「気づくのが遅かった」と話していて、警察は容疑を過失運転致死に切り替えて調べを進める方針です。

過去の記事