番組表
ON AIR

ニュース・スポーツ

アマミノクロウサギの交通事故対策に中学生も協力 鹿児島

2022年5月7日17:15

国の特別天然記念物のアマミノクロウサギを交通事故から守ろうと、鹿児島県龍郷町で中学生が協力し、事故防止の対策を行いました。

奄美大島の5市町村で組織する奄美大島自然保護協議会は、2021年度から車の減速を促す減速帯を島内の道路上に設置しています。

この日はアマミノクロウサギの目撃情報が増えている龍郷町の町道で、近くの龍北中学校の生徒10人が、ボルトを打ち込むなど作業を手伝いました。

環境省によりますと2021年、奄美大島でアマミノクロウサギが車にひかれて死ぬ交通事故は56件発生していて、過去最多となっています。

過去の記事