番組表
ON AIR

ニュース・スポーツ

鹿児島県霧島市でヤギが行方不明 窃盗事件の可能性も

2022年5月13日18:44

【耕作放棄地の「草刈り隊」として訓練を始めた矢先…異変が】

いなくなってしまった「カブト」と「ムサシ」

5月10日、鹿児島県霧島市の畑から2匹のヤギがいなくなり、飼い主らが情報提供を呼びかけています。何者かに盗まれた可能性もあり、警察も捜査しているということです。

青々と茂る草をおいしそうに頬張る2匹のヤギ。霧島市溝辺町竹子(たかぜ)で飼われていた2歳の「カブト」と、1歳の「ムサシ」です。

集落で耕作放棄地となった畑の草を食べる「草刈り隊」として今月から訓練を始めた2匹。

飼い主の竹元磨貴子さんは5月10日の朝、2匹を畑に放し、その日の午後5時頃、自宅に連れて帰るために夫と迎えに行くと、異変に気づきました。

【飼い主「慌てて2時間近く捜したが…」】

当時の状況を語る竹元さん

竹元磨貴子さん
「普段は、車の音や私たちが来た瞬間に喜んで飛び出してくるのが、出てこなかったので、まず違和感を感じました。外に出てしまったかもと慌てて周辺を2時間近く捜したんですけど…」

2匹がいた畑は、国道から少し脇道に入った場所にあるものの、道路や民家に近い場所にあり、周囲は手作りの柵で囲まれています。

しかしー。

【破れた柵…警察官「2匹が盗まれた可能性も」】

鋭く切り裂かれたような跡が!

竹元さん
「柵が破れているのが見つかって、これは連れ去られた可能性が高いと警察に電話した。」

柵の一部に鋭く切り裂かれたような跡がありました。

警察の鑑識作業に立ち会ったという竹元さん。

警察官は2匹が盗まれた可能性もあると話したそうです。

竹元さん
「本当に連れ去られたのか。自発的に逃げてくれている方がいいと思うくらい、本当に信じられない。すごくショックな気持ちが大きい。」

【いつも一緒だったのに…一刻も早い帰りを願う】

仲良しの2匹はどこに?

いつも一緒にいて仲良しの「カブト」と「ムサシ」。

カブトは体重が25kg以上、小さいムサシも10kgほどあり、簡単に連れ出すのは難しく、仮に連れ去られたとすれば目的は何なのでしょうか?

竹元さん
「なんとも言えない。のんびりした、人によくなついて、呼ぶとすぐ来るかわいい子たちです。何か、ささいな情報でも教えてもらえたらありがたいです。」

竹元さんは、2匹の無事と一刻も早い帰りを願っています。

過去の記事