番組表
ON AIR

ニュース・スポーツ

デフリンピック女子バレー日本代表 コロナの影響で棄権〈鹿児島〉

2022年5月12日18:51

ブラジルで開かれている聴覚障害がある人たちのオリンピックといわれる「デフリンピック」女子バレーボール日本代表が無念の準決勝棄権となりました。

デフリンピック女子バレーには、阿久根市出身の24歳、尾塚愛実選手が日本代表のキャプテンとして出場していました。

日本は連覇を目指し準決勝まで進んだものの、バレー以外の日本選手団の中で新型コロナ感染者が出たため、日本選手団本部はすべての競技で棄権することを決めました。

女子バレー日本代表も準決勝を戦うことなく帰国することになります。

過去の記事