番組表
ON AIR

ニュース・スポーツ

鹿児島でも猛暑 かき氷店にぎわう

2022年8月2日18:35

2日の鹿児島県内は真っ青な夏空が広がりました。このところ、はっきりしない天気が続いていましたが、久しぶりに夏らしい空でした。気温も各地で上がり、県本土の一部では35℃を超える猛暑日となりました。

坪内一樹 アナウンサー
「雲一つない夏空が広がっています。太平洋高気圧に覆われました。ここは鹿児島市の中央公園、手元の温度計では36.8℃となりました」

2日午後の鹿児島市の中央公園。真夏の強烈な日差しが照りつけ、公園の芝生に人影はほとんどありませんでした。

鹿児島市の2日の最高気温は猛暑日一歩手前となる34.6℃を観測しました。

公園を訪れた人
「歩くだけで汗をかく」
「暑いと思う。(住んでいる所が)霧島市の山の方なので(鹿児島市は)暑い」

坪内一樹 アナウンサー
「おなじみの鹿児島市のかき氷屋さん。たくさんの人が並んでいます」

この暑さの中、鹿児島市内のかき氷屋店は大にぎわい。待つ間の日よけにと、お店から日傘を渡す心遣いも。訪れた人たちは、カラフルなかき氷を受け取っていました。

かき氷店の客
(味はどうですか?)
「おいしいでーす」
(何を食べているの?)
「メロン」「ラムネ」
「キウイのかき氷です。『めちゃくちゃ暑いので行きたい』って言って」

薩摩川内支局 牧瀬大輔 記者
「さつま町柏原に来ています。気温が上昇し、マスクをしていると息苦しさを感じます」

さつま町柏原では35.2℃を観測し猛暑日となりました。

オクラ畑で作業を行う人も、暑さ対策に余念がありません。

畑作業をする人
「休憩を取りながらやっています」

体にこたえる厳しい暑さ。アロマが中心のこちらの雑貨店では、少しでも涼しく過ごすためのアイテムが並んでいました。

さわやかな香りがするボディースプレーやマスクスプレー。そのほか2022年注目というのがネッククーラーです。

スタッフ
「28℃で凍る商品。クーラーで当てるだけで凍る」

坪内一樹 アナウンサー
「氷を当てて冷たいというわけではなく、ひんやりとしたのが長く続く」

この猛暑、しばらく続く予想ですので、暑さ対策もしっかり行いましょう。

鹿児島県によりますと、2日の県内では13人が熱中症の疑いで救急搬送され、中等症6人で、軽症が7人となっています。

3日も県内全域に、熱中症警戒アラートが出されていて気象台は警戒を呼びかけています。

過去の記事