番組表
ON AIR

ニュース・スポーツ

奄美大島固有の鳥「オーストンオオアカゲラ」子育て真っ最中 鹿児島県・奄美自然観察の森

2020年5月19日11:07

新型コロナウイルスの影響で閉鎖中の龍郷町の観光施設では、奄美大島固有の鳥「オーストンオオアカゲラ」が子育てに励んでいます。

龍郷町の奄美自然観察の森は、例年、多くの観光客が野鳥観察や自然散策に訪れますが、現在は新型コロナウイルスの影響で施設は閉鎖されています。

KTSでは特別に許可をもらい施設の中を撮影しました。

そこでは奄美大島固有の鳥「オーストンオオアカゲラ」が子育ての真っ最中。

「オーストンオオアカゲラ」は全長が30センチほどのキツツキの仲間で国の天然記念物に指定されています。

この日はシイの木の高いところに巣穴を作り、親鳥がせっせとエサをひなに運ぶ姿が見られました。

巣穴のヒナの数は分かりませんが、5月末までには巣立つと見られます。

過去の記事