番組表
ON AIR

ニュース・スポーツ

鹿児島県知事選 候補擁立に向け市民団体発足 

2020年5月19日18:59

7月の知事選に向けて新たに発足した市民団体が19日会見を開き、現在立候補を表明している4人に対抗する候補の擁立を目指すと発表しました。

反原発の市民団体のメンバーを中心にした「命とくらしを守る県知事を実現する会」は17日、発足し県内のおよそ50人が参加しています。

7月の知事選には現職や元職など保守系の4人が立候補を表明する中、会では、対立候補を擁立したい考えです。

2024年と25年にそれぞれ運転期限を迎える川内原発1、2号機の“20年延長問題”や南西諸島への自衛隊施設の誘致反対を主な争点に、今後、野党や労働団体に連携を呼びかけ、来月6日までに候補を擁立したいということです。

知事選には、現在ご覧の4人が立候補を表明していて6月25日告示、7月12日に投開票されます。

過去の記事