番組表
ON AIR

ニュース・スポーツ

鹿児島県内の高校球児たちへ・・・プロ野球界からエール 夏の甲子園の中止決定

2020年5月21日17:30

20日、戦後初めて夏の甲子園の中止が決まりました。鹿児島県内の選手からは落胆の声が聞かれましたが、県関係のプロ野球選手らから高校球児に向けたエールが届いています。

日置市の鹿児島城西高校。

春の甲子園に続いて夏の夢も閉ざされました。

【鹿児島城西高校 古市龍輝キャプテン】
「センバツが中止になって、夏にもう一度甲子園っていう夢の舞台に行くために練習してきて中止になったけど最後までやり遂げて終わりたい」

夏の甲子園に過去19回の出場を誇る鹿児島市の樟南高校では甲子園中止の発表が山之口監督から選手たちに伝えられました。

【樟南高校野球部 山之口和也監督】
「中止…ここはしっかり受け止めて、甲子園というのはもう消えたけど、人間的に成長するためにやってる。一番の目的を持って、今後に生かすような野球の練習、寮での生活をお互いに話しながらやっていこう。気持ちをひとつにして一日一日頑張っていこう」

3年生にとってはあこがれの甲子園に立てる最後のチャンス。

表情を崩さずに話を聞いていた選手たちでしたがはっきりと見えない目標に不安を抱えています。

そんな高校球児に向けてプロ野球界から県関係の選手やコーチが、エールを送ってくれました。

【樟南高校出身埼玉西武ライオンズ 浜屋将太投手】
全国大会がなくなってすごく残念な気持ち。高校時代は自分も3年間野球に打ち込んでいたので、3年生にとって最後の夏の大会がなくなるというのはモチベーションが下がると思いますが、次のステージを目指す人もいると思うので気持ちを切り替えて精いっぱい頑張ってほしい」

また読売ジャイアンツで二軍投手コーチをしている2人からもコメントが届きました。

川内高校出身の木佐貫洋コーチです。

【読売ジャイアンツ 木佐貫洋 二軍投手コーチ】
「なかなか切り替えられないと思いますが、次の後輩たちのためということも考えて練習してあげてほしいです。この先、野球を続ける人もいれば、やらない人もいると思いますが続ける人はこの経験が長い目で見れば必ず役に立つと思いますので腐らずに前を向いて頑張ってもらいたいです」

そして、鹿児島実業高校出身の杉内俊哉コーチも、高校球児たちにメッセージを送りました。

【読売ジャイアンツ 杉内俊哉 二軍投手コーチ】
「甲子園は独特の緊張感の中、自分を大きくしてくれた場所でした。今回の決定を受けて鹿児島の選手たちに伝えたいのは3年間やってきたことは無駄にはならないので悔しさ、もどかしさはあると思いますが、あきらめずに次のステージでも頑張ってもらいたいです」

また、夏の甲子園出場校を決める鹿児島大会の中止も決定しましたが、県高野連は「県として何か代替試合できないか今後検討したい」としています。

過去の記事