番組表
ON AIR

ニュース・スポーツ

九州・沖縄・山口の地方知事らがウェブ会議 「九州内移動まだ避けて」 

2020年5月22日19:31

九州、沖縄、山口の知事らのウェブ会議が22日開かれ、これまで新型コロナウイルスの感染拡大防止のため自粛を呼びかけていた九州内での県境をまたぐ不要不急の移動については、5月末までは解除しない方針を示しました。

22日オンライン上で開かれた九州の7県と沖縄、山口の知事と副知事が参加した九州地方知事会。

鹿児島県内では1カ月にわたって新型コロナウイルスの感染者が確認されていないほか、会議に参加した各県でも感染者が確認されていない状況が続いています。

会議では、これまで自粛を呼びかけていた九州内の県境をまたいだ移動について解除を求める声も上げられた中、三反園知事は次のように述べました。

【鹿児島県 三反園知事】
「九州で感染者がいない状況を受けて次のステップに入るか、非常に重要な時期と認識している。移動をどのように緩和していくのか話し合えればありがたい」

会議は冒頭を除き非公開で行われ、県などによりますと、移動自粛の解除に慎重な意見が出されたことや国も県境を越えた移動を控えるように要請していることから、検討の結果、引き続き5月末までは県境をまたぐ不要不急の移動自粛を求めることにしたということです。

解除の時期については今後、政府の要請などを踏まえて変更の可能性もあるとしています。

過去の記事