番組表
ON AIR

ニュース・スポーツ

自宅に放火し全焼させた疑いで男を送検 鹿児島県鹿屋市

2020年6月5日12:10

2019年12月、鹿屋市の自宅に火を付け全焼させたとして、非現住建造物等放火の疑いで逮捕された男が、5日鹿児島地方検察庁鹿屋支部に送検されました。

5日送検されたのは鹿屋市上祓川町の無職、内田守容疑者(66)です。

警察によりますと内田容疑者は、2019年12月24日午後1時すぎ、1人で住む木造平屋の住宅に火を付け、全焼させた疑いが持たれています。

この火事で同じ敷地内の倉庫などあわせて6棟が焼けました。

警察によりますと内田容疑者は、火事の発生当初、犯行をほのめかしていましたがやけどを負って入院していたことから警察は、内田容疑者の回復を待って3日、逮捕しました。

警察の調べに内田容疑者は、容疑を認めているということです。

過去の記事