番組表
ON AIR

ニュース・スポーツ

鹿児島県十島村・中之島 停電復旧も、6日は再び大雨のおそれ

2020年6月5日19:11

4日、記録的な豪雨に見舞われた鹿児島県十島村の中之島では、およそ230戸の全世帯が停電していましたが、5日復旧作業が行われ復旧しました。

九州電力によりますと、中之島の停電は大雨による土砂崩れで電柱が流出したことが原因で、4日から全島で停電が発生していました。

5日職員がヘリコプターで現地に入って復旧作業にあたり、午後6時までに全世帯が復旧しました。

十島村役場によりますと島内の一部の地域では断水も発生していて、住民らが復旧作業にあたっているということです。

活発な梅雨前線の影響で中之島では記録的な大雨となり、4日は、1日の降水量が390ミリを観測しました。

これは2002年の統計開始以来、観測史上最大となります。

その十島村と九州南部では6日、再び大雨になるおそれが出てきました。

奄美付近にある梅雨前線が6日朝には九州南部付近まで北上し、活動が活発となる見込みです。

十島村では5日夜はじめ頃から、種子島・屋久島地方では6日朝から非常に激しい雨が降る見込みで現在、十島村に大雨警報が出されています。

なお夕方になって十島村全域、376世帯671人に避難勧告が出されました。

これまでの雨により土砂災害のおそれがさらに高まる可能性があります。

引き続き警戒してください。

過去の記事