番組表
ON AIR

ニュース・スポーツ

4日にかけて九州南部に梅雨前線が停滞 大雨と土砂災害に警戒を

2020年7月3日11:57

梅雨前線が九州南部を北上していて4日にかけて停滞する見込みです。特に九州南部では大雨と土砂災害に警戒が必要です。

停滞する梅雨前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込むため、薩摩、大隅、種子島・屋久島地方では4日昼すぎにかけて、局地的に雷を伴い非常に激しい雨が降り大雨になるおそれがあります。

2日の降り始めからの総雨量は、多いところで、鹿屋市吉ケ別府で117.5ミリ、指宿で117ミリ、鹿児島市喜入で107ミリとなっています。

4日正午までの予想雨量は、1時間雨量が薩摩・大隅地方で50ミリ、種子島・屋久島地方で40ミリ、24時間雨量が薩摩・大隅地方で250ミリ、種子島・屋久島地方で150ミリとなっています。

九州南部では来週前半にかけて断続的に大雨となり、土砂災害の危険度がさらに高まるおそれがあります。今後の情報に注意してください。

過去の記事