番組表
ON AIR

ニュース・スポーツ

海の日 鹿児島の『海』にまつわる各地の様子

2020年7月23日19:40

23日は4連休の初日、海の日です。種子島、指宿市、鹿児島市の「海」にまつわる各地の様子、ご覧ください。

晴れ渡った青空に、透き通った青い海。

まさに夏の海!

種子島では、中種子町の小学生がシーカヤック体験を楽しみました。

カヤックに乗った子どもたちは、透明度の高い海を気持ちよさそうに漕ぎまわり、雄大な屋久島に見守られながら岩穴を通り抜けたり、カヤックを降りて泳いだりと、種子島の海をたっぷりと満喫しました。

【子どもたちは】
「飛び込んだのが楽しかった!シーカヤック。きれいだった」
「海が透き通ってきれいだった」
「種子島サイコー!」

一方、指宿市では、国の事業で整備が進む指宿港にほど近い海岸の一部が23日から一般に開放され、多くの市民が真新しい砂浜を満喫しました。

子供たちは穏やかに打ち寄せる波に膝までつかり水遊びに夢中です。

また波打ち際では、心地よい砂の感触を楽しむ人たちの姿も見られました。

【訪れていた人たち】
「砂浜を指宿で歩いたことがないので貴重な体験」
「きれいになるのを心待ちにしていたのでうれしい。安全な海岸線ができて家族みんなでこういう楽しい時間が持てる場になってほしい」

21日仲間入りしたばかりのカタクチイワシの群れに…ジンベエザメのユウユウ。

800種類の生き物が出迎えてくれる鹿児島市のかごしま水族館です。

23日は「海の日」にちなんで入館料が通常の2割り引きとなり、水族館の生き物たちに会いに来た家族連れなどでにぎわいました。

大人気のいるかショーは座席を通常の半分に減らし、グループごとに間隔を空けて座るようスタッフが呼びかけます。

当面、土日祝日は行わない予定でしたが、この4日間だけは混雑するなかでも感染症対策をとってショーができるか確認するため、試験的に実施するということです。

【訪れた人は】
「4連休の最初ということで見に来ました。やっぱり素晴らしいところだなと思っているところ」
「おさかなをたくさん見たり触ったりして楽しいです」

【かごしま水族館 佐々木章館長】
「暑い夏、涼しい水族館で魚たちの様子をじっくり見て心安らかに見学いただけたらと思う」

7月23日から8月30日までは営業時間を夜9時まで延長して、昼間とはひと味違う表情の水族館を楽しめる毎年恒例のイベント「夜の水族館」も実施されるということです。

過去の記事