番組表
ON AIR

ニュース・スポーツ

「GoToトラベルは複雑」の声も 4連休初日 鹿児島県内の観光地に期待と不安

2020年7月23日19:50

23日は4連休初日です。政府の観光業支援事業GoToトラベルも22日から始まり鹿児島にも全国各地から多くの観光客が訪れる可能性があります。受け入れる観光関係者からは期待や不安に加えGoToトラベルの制度がわかりづらいといった複雑な声が聞かれます。

【上枝一樹キャスター リポート】
「指宿と言えば唐船狭のそうめん流しということで長い列ができています」

日中、厳しい暑さとなるなか、涼を求める人たちでにぎわいをみせていたのは指宿市の唐船狭です。

コロナ対策として検温を欠かさずに行うほか、そうめんの流し台もソーシャルディスタンスをとるために、間引いて動かしています。

通常のかき入れ時には多くて1日2000人が訪れますが、最近は平日で300人ほどに落ち込んでいました。

そんななか、連休初日の23日は正午時点で800人ほどが訪れるにぎわいようです。

【千葉からの観光客】
「つゆがおいしいって聞いててほんとかと思ってほんとにおいしかったです」
Q:コロナへの不安は?
「自分がうつさないかぐらいが心配ですかね」

【鹿児島からの客】
「ここ来るのもどうかなと思いながら来たので遠出は控えたい」

通常なら喜ばしい限りですが、コロナの感染が広がる中店側は複雑な心境だといいます。

【唐船狭そうめん流し 川口悦朗支配人】
「政府のGoToトラベルの期待もあるが首都圏から地方へのコロナウイルスの感染拡大が広がっているので不安、心配なところがある。お客さんも個人個人で体調が悪かったら控えてもらうなど、お互い協力しながらやっていけたら」

一方こちらは城山ホテル鹿児島です。

宿泊施設はGOTOトラベルの割引対象となりますが、こちらでは直前まで制度の詳細が分からず開始日の22日になってようやく申請できたといいます。

【城山ホテル鹿児島 渡千左代取締役】
「(客から)「城山で使えますか」という問い合わせに「大丈夫です」と言えなかった。お客様も予約に至らなかった」

そんななか、23日に訪れた県外からの宿泊客はGOTOトラベルへの期待を口にしていました。

【岐阜からの宿泊客】
「前々から鹿児島に来る予定だった。GoToは後からきた、利用できるならしたい」

城山ホテルではこの4連休、23日、24日の2日間は6割ほどの部屋が予約で埋まっているものの、残りの2日間はその半分ほどということで、依然として新型コロナの影響を感じていると話しています。

そして鹿屋市にある旅行会社です。

桜観光そよ風では制度そのものがきちんと整っていない中でのスタートに困惑していました。

問い合わせは1日30件以上あるものの、「詳細は未定です」としか答えることができずもどかしさを感じているといいます。

【桜観光そよ風 東直樹部長】
「当初、旅行代の還付申請は客本人がするとのことだったが、きのう、おとといになって『受け付けをした旅行会社が代行して』と二転三転。お客はわからないから問い合わせをしているのに明確に答えられないことがすごく歯がゆい。今ある電話は問い合わせだけ、『どうなっていますか』と、予約は少ない状況」

過去の記事