番組表
ON AIR

ニュース・スポーツ

ホッキョクグマに「氷のお中元」 鹿児島市・平川動物公園

2020年7月28日19:15

梅雨明け後、さんさんと日差しが照りつけるのは鹿児島市の平川動物公園です。この暑さを乗り越えてもらおうとホッキョクグマの「カナ」に、セイカ食品から毎年恒例の氷のお中元が贈られました。

18.5キロの氷が2つ用意され、カナはさっそく、ペロペロと、舌でひんやり感を味わっていました。

カナは今年で推定30歳。

高齢なのと最近は暑さも加わりエサを残したりする日もあるそうですが、28日は氷をなめた後目の前のプールに入る活発ぶり。

元気な様子を見た飼育担当者が特別に、もう1つ追加で氷を投げ込み涼しさを感じているようでした。

セイカ食品の牧迫昭郎さんは「今年の夏もみんなを楽しませてもらいたい、体に気をつけて夏を乗り切ってほしいと言う願いで渡しました」と話していました。

この氷のプレゼントは、8月31日まで1日2つずつ贈られます。

なお、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、今年は、氷を与える時間は公表されません。

過去の記事