番組表
ON AIR

ニュース・スポーツ

鹿児島地方検察庁 内藤秀男検事正(60)が新たに着任

2020年9月16日17:45

16日、鹿児島地方検察庁に新たな検事正が着任し「厳しく思いやりにあふれた検察にしたい」と意気込みを語りました。

鹿児島地方検察庁に新たに着任した内藤秀男検事正は、愛知県豊橋市市出身の60歳で、防衛大学校を卒業したあと陸上自衛隊で10年間勤務した異例の経歴があり、現在でも防衛大卒の検事は内藤検事正だけということです。

1999年に東名高速道路で飲酒運転のトラックが普通乗用車に衝突し、1歳と3歳の女の子が死亡した事件を担当した経験から「遺族に寄り添うことや罪を犯した人に対しても立ち直ろうとする人には支援の手を差し伸べたい」と話しました。

過去の記事