番組表
ON AIR

ニュース・スポーツ

『ハロウィンジャンボ宝くじ』をPR 幸運の女神が副知事を訪問 鹿児島

2020年10月12日15:20

1等・前後賞あわせて5億円の「ハロウィンジャンボ宝くじ」を広く知ってもらおうと、全国各地で宝くじをPRしている「幸運の女神」が鹿児島県の岩切副知事を訪問しました。

岩切剛志副知事のもとを訪れたのは、全国で宝くじのPRをしている「幸運の女神」のひとり、岡田絵梨加さんです。

9月23日から販売中の「ハロウィンジャンボ宝くじ」は1等3億円の本数が11本と2019年より3本増え、前後賞をあわせると、当せん金の総額は5億円となります。

鹿児島県によりますと、県内での販売額の約4割は県を通じて各市町村に交付され、少子高齢化対策や災害対策などに活用されるということです。

「ハロウィンジャンボ宝くじ」と1等1000万円の「ハロウィンジャンボミニ」はいずれも10月20日まで販売され、27日に抽選が行われます。

過去の記事