番組表
ON AIR

ニュース・スポーツ

三浦春馬さん主演の映画「天外者」 公開前に報告会 鹿児島・いちき串木野市

2020年10月12日21:00

2020年7月に亡くなった三浦春馬さんが主演を務める、五代友厚の生涯を描いた映画「天外者(てんがらもん)」の公開を前に、製作委員会が10日、ゆかりの地である鹿児島県いちき串木野市で報告会を開きました。

報告会は、五代友厚らがイギリス留学のために旅立ったいちき串木野市の薩摩藩英国留学生記念館で開かれました。

映画「天外者」は、2020年7月に亡くなった三浦春馬さんが、映画のタイトルでもある“てんがらもん”=すさまじい才能の持ち主と呼ばれた五代友厚を演じます。

五代は、幕末に薩摩藩英国留学生のひとりとしてヨーロッパに渡り、その後、明治初期に近代日本の経済の礎を築きました。

この映画では、いちき串木野市もふるさと納税を通して製作費を募り、県の内外から150万円の寄付を集めていて、報告会に参加した製作委員会のメンバーや地元の関係者らは、上映された予告編に見入り、公開を心待ちにしているようでした。

五代友厚映画製作委員会の廣田稔代表は「三浦春馬さんが感じた五代像を皆さんにも
感じていただいて、本当にいい世の中はどうしたらできるか、一緒に考えてもらいたい」と話していました。

映画「天外者」は12月11日から全国の劇場で公開されます。

過去の記事