番組表
ON AIR

ニュース・スポーツ

「GoToイート」食事券 鹿児島は15日から発売

2020年10月12日19:25

新型コロナウイルスで深刻な影響を受ける飲食店を応援する「GoToイート」キャンペーン、鹿児島県内では10月15日から1万2500円分の食事券が1万円で各地の商工会議所で販売されます。発売を3日後に控え、準備が進められています。

キャンペーンに60を超える飲食店が参加する指宿市。

食事券を販売する指宿商工会議所には現時点で1万4000冊が割り当てられていて、初日の15日は午前10時から事務所での販売が始まります。

混雑を避け、残りの数を正確に把握するため、当日の状況によっては使うことになるかもしれない引換券を準備。

また、感染防止策としてマスクの着用を呼び掛け、ウイルスの飛散を防ぐシールドを設置します。

指宿商工会議所では飲食店の利用促進に期待する一方で、食事券は飲食店でしか使えないため実際に販売してみないと混雑状況やどれだけ売れるかは分からないとしています。

指宿商工会議所の永嶺義隆事務局長は「なんでも買える商品券ではないので、今、自粛ムードの中、どれだけの人が外で食事をするのか考える。商品券の場合は、全世帯が買い物はするが、食事券となると偏りが出てくる可能性もある」と話し、不安な様子が伺えました。

プレミアム付き食事券は、1万2500円分が1冊1万円で販売され、県内では総額50億円、40万冊の発行が予定されています。

県内では鹿児島市の鹿児島商工会議所をはじめ11の商工会議所を中心に合わせて20カ所で販売され、初日となる15日に限り販売開始時間が午前10時に統一されます。

食事券は県内の参加店で2021年3月末まで使えます。

参加店は12日現在で約2000店となっていて、今後も増える見通しです。

過去の記事