番組表
ON AIR

ニュース・スポーツ

平川動物公園の人気者 ホッキョクグマのカナ老衰で死ぬ 鹿児島

2020年10月13日19:28

鹿児島市の平川動物公園の人気者、ホッキョクグマのメスのカナが13日、老衰のため死にました。

1991年に平川動物公園にやってきたホッキョクグマのメスのカナは、推定30歳で人間で言うと90歳以上のおばあちゃんでした。

ここ数年はプールでよく泳ぐようになり、遊具で遊ぶチャーミングな姿が来園客に人気でした。

2020年7月、氷のお中元をもらった際には氷をペロペロとなめ、元気な姿を見せていました。

カナの死因は老衰と見られていて、KTSの取材に福守朗園長は「さみしいが、カナは皆様に愛されて天寿を全うした。精一杯生きて皆様に愛された」と話していました。

過去の記事