番組表
ON AIR

ニュース・スポーツ

鹿児島の企業が海外バイヤーとオンライン商談会

2020年10月16日12:11

コロナ禍で対面での商談が難しくなっていることを受け、鹿児島県庁で8日、県内企業と海外バイヤーをオンラインでつないで商談会が行われました。

これは新型コロナウイルスの影響で人と人が向かい合って行う商談会の中止や延期が相次いでいることを受け、県が開催したものです。

県庁の一室に設置されたオンラインシステムで、県内の企業と海外のバイヤーが12月12日まで、7回商談を行うことになっています。

県内からは食品や焼酎などの14社、海外からはマカオ、中国、シンガポールのバイヤー4社が参加する予定です。

出席した企業の担当者は、画面越しに自社の商品を紹介して、販路拡大の可能性を探っていました。

過去の記事