番組表
ON AIR

ニュース・スポーツ

鹿児島県内43市町村 初の「県政懇談会」で塩田知事に要望

2020年10月27日12:10

鹿児島県内の43市町村の首長らが一堂に会する会合が22日、初めて開かれ、塩田知事に計60項目を要望しました。

県政懇談会は、県と市町村の連携を深めようと初めて開かれたもので、塩田知事と県内43市町村のほとんどの首長が集まりました。

塩田知事は挨拶で「新型コロナ対策や農林水産業の振興など、各市町村と協力して県政発展に取りくみたい」と述べました。

その後、県の市長会と町村会からそれぞれの要望が読み上げられました。

要望書では、子ども医療費の窓口無料化を中学3年生までの全ての世帯に拡充することや、離島振興に関するものなど計60項目が挙げられています。

懇談会で塩田知事は「地域の課題について、国への要望活動にしっかり取り組みたい」と述べました。

過去の記事