番組表
ON AIR

ニュース・スポーツ

「ここからが勝負」鹿児島・神村学園の桑原投手 ソフトバンク育成3位

2020年10月27日19:25

26日のプロ野球ドラフト会議で福岡ソフトバンクホークスから育成3位指名を受けた神村学園の桑原秀侍投手が、27日、記者会見を開き、意気込みを述べました。

ソフトバンクから育成3位指名を受けた桑原秀侍投手は、熊本市出身で身長175cm、体重80kgです。

最速149km/hのストレートを武器にした本格派の右ピッチャーで、2020年夏の県大会では、エースとして優勝に貢献しました。

バッターとしても高校通算17本のホームランを放つスラッガーで二刀流も期待されましたが、27日の会見で桑原選手は、投手に専念すると話しました。

そして「指名を受けて一安心しているが、ここからが勝負。スタミナやコントロールの課題を3年以内に克服し、支配下登録を目指したい」と、力強く話しました。

過去の記事