番組表
ON AIR

ニュース・スポーツ

出水市でツルのねぐらの水から高病原性鳥インフル 県内13例目

2021年1月5日20:17

出水市で採取されたツルのねぐらの水から5日、毒性の強い高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出されました。

県によりますと出水市の東干拓地区で採取されたツルのねぐらの水から5日、毒性の強い高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出されました。

この水は先月21日に県の定点検査で採取されたもので、県内でツルのねぐらの水や野鳥の死骸などから高病原性のウイルスが検出されたのは今シーズン13例目です。

周辺での野鳥の大量死などは確認されていないということです。

県や環境省は引き続き、周辺10キロ圏内で野鳥の監視を強化することにしています。

過去の記事