番組表
ON AIR

ニュース・スポーツ

鳥インフル発生確認 養鶏場のニワトリの殺処分が終了 鹿児島・さつま町

2021年1月14日12:05

鳥インフルエンザの発生が確認された鹿児島県さつま町の養鶏場のニワトリの殺処分が14日未明に終了しました。

さつま町湯田の養鶏場では12日、多数のニワトリが死んでいるのが見つかり、遺伝子検査でH5亜型の鳥インフルエンザウイルスが検出されていました。

県では養鶏場のニワトリ約3万2600羽の殺処分を進めていましたが14日午前2時前作業は終了したということです。

また、発生農場から半径10キロ以内にある41農場についても今のところ、ニワトリの大量死などは確認されていないということです。

過去の記事