番組表
ON AIR

ニュース・スポーツ

指宿市と北海道・千歳市の子どもたちがウェブで交流 鹿児島

2021年1月28日12:08

新型コロナウイルスの影響で中止されたホームステイに代わり、指宿市と北海道・千歳市の子供たちがインターネットを使って交流を深めました。

1994年に姉妹都市盟約を結んだ指宿市と千歳市は、毎年、夏と冬に小学6年生がお互いの市を行き来するホームステイを続けていますが、2021年度は新型コロナの影響で中止となりました。

これに代わって企画されたのが「いぶすき★ちとせふるさとガイドオンラインツアー」です。

遠く離れた2つの会場がウェブ会議システムで結ばれ、2020年4月から千歳市に派遣されている指宿市の職員が、指宿市と千歳市の違いについて説明したり、″ふるさとガイド″役を務める子供たちが、自分たちが暮らす町の観光スポットや特産品、それに暮らしぶりなどを発表したりしました。

画面を通して紹介される北と南の違いに、子供たちは興味津々でした。

参加した指宿市の子供は「指宿には無い特徴とか、似ているところをたくさん知ることができて良かった」「コロナの中でこういうオンラインの準備をしてもらい良かった」などと話していました。

過去の記事