番組表
ON AIR

ニュース・スポーツ

塩田知事 下鶴市長の就任後初の開催 県と鹿児島市が意見交換

2021年1月28日19:25

塩田知事と下鶴隆央市長の就任後初となる、県と鹿児島市の意見交換会が行われました。

県と鹿児島市では連携を高める目的で毎年、定期的に意見交換を行っています。

28日の意見交換会は、塩田知事、下鶴隆央市長、いずれも就任後初めての開催となりました。

塩田知事
「一緒になって共にコロナ対策の取り組みをお願いしたいと思っている」

下鶴市長
「郷土鹿児島の揺るぎない発展と新たな時代の街づくりを進めるにあたり、県都である鹿児島市と県が緊密に連携することで、県全体の波及効果がもたらされると考える」

非公開で行われた意見交換会では、新型コロナウイルス対策として検査や病床の確保に向け情報共有を密にしていくことが確認されたほか、県と市がそれぞれ検討する総合体育館やサッカースタジアムなどの大型プロジェクトについても今後、協議していくことが確認されました。

過去の記事