番組表
ON AIR

ニュース・スポーツ

川内川クレーン事件 暴行の罪で起訴の男 傷害致死などの容疑で逮捕 鹿児島

2021年12月1日11:40

鹿児島県薩摩川内市の川内川で、同僚の男性をクレーンでつり上げたとして暴行の罪で起訴されていた男が、12月1日、男性を川に入らせ溺死させたとして傷害致死などの疑いで逮捕されました。

傷害致死と暴行の疑いで逮捕されたのは、鹿屋市上野町の会社員、山下昌司容疑者(43)です。

警察によりますと山下容疑者は今年10月6日午前11時半ごろ、薩摩川内市の資材置き場で、曽於市末吉町二之方の会社員、小森一郎さん(当時50)をクレーンでつり上げて暴行を加えた疑いです。そして同じ日の午後3時半ごろ、これらの暴行で抵抗が困難になった小森さんを川内川に入らせて溺死させた疑いがもたれています。

当時、工事関係者は警察に「小森さんは泳いでいて溺れた」と話していましたが、警察は、小森さんが作業着のまま川で見つかるなど不審な点があったことから捜査を進めていました。

山下容疑者は11月24日、川内川で小森さんをクレーンでつり上げて水中に入れるなどしたとして、暴行の罪で起訴されていました。警察は詳しい経緯を調べています。

過去の記事