番組表
ON AIR

ニュース・スポーツ

2人乗りのミニバイク衝突事故 重体の女子中学生が死亡 鹿児島・鹿屋市

2021年3月30日19:55

29日夜、鹿児島県鹿屋市の県道で高校生と女子中学生が乗ったミニバイクと普通乗用車が衝突する事故がありました。この事故で意識不明の重体となっていた女子中学生が30日午後、死亡しました。

警察によりますと29日午後11時20分ごろ、鹿屋市寿8丁目の県道の交差点で直進していた普通乗用車とミニバイクが衝突しました。

ミニバイクには鹿屋市の16歳の男子高校生と中学生の山本捺月さん(15)が乗っていて、山本さんは頭などを強く打ち意識不明の重体となっていましたが、30日午後5時ごろ死亡しました。

運転していた男子高校生は脚を骨折する大けがしたとみられていますが命に別条はないということです。

2人ともヘルメットをかぶっていなかったとみられています。

2人が乗っていたミニバイクは道路交通法で2人乗りが禁止されています。

現場は信号機のある交差点で、普通乗用車を運転していた19歳の会社員の男性は「進行方向の信号は青でミニバイクは進行方向の右側から出てきた」と話しているということです。

警察は当時の詳しい状況を調べるとともに男子高校生の回復を待って話を聞くことにしています。

過去の記事