番組表
ON AIR

ニュース・スポーツ

諏訪之瀬島 噴火警戒レベルを2→3へ引き上げ 気象庁

2021年3月31日12:15

気象庁は31日午前3時半、鹿児島県十島村の諏訪之瀬島について活発な噴火活動が続いているとして噴火警戒レベルを3に引き上げました。

気象庁によりますと諏訪之瀬島では30日午後10時過ぎと31日午前3時前に、噴石が火口から南方向に1km近くまで複数飛散しました。

これをうけて気象庁は31日午前3時半、諏訪之瀬島の噴火警戒レベルを火口周辺規制の2から入山規制の3に引き上げました。

諏訪之瀬島では30日から爆発が増加していて、30日は20回、31日は午前11時までに15回発生しています。

諏訪之瀬島では2020年12月28日に大きな噴石が火口から約1.3kmまで達したことから、噴火警戒レベルが初めて3に引き上げられましたが、2021年1月14日に2に引き下げられていました。

過去の記事