番組表
ON AIR

ニュース・スポーツ

日本郵便の元社員ら贈収賄事件 保険代理店側が賄賂持ちかけか 鹿児島

2021年4月5日20:00

かんぽ生命保険の契約者の個人情報の提供をめぐって日本郵便の元社員3人が逮捕・送検された贈収賄事件で、賄賂の提供を持ちかけたのが保険代理店側だったことが新たに分かりました。

この事件はかんぽ生命保険の契約者の個人情報を提供した見返りに保険代理店から商品券などを受け取ったとして鹿児島中央郵便局の元社員、吉崎翔太容疑者(32)が収賄の疑いで逮捕・送検され、保険代理店コネクトの役員、福元崇容疑者(33)と大井貴弘容疑者(34)が贈賄の疑いで逮捕・送検されたものです。

警察の調べに対し3人は容疑を認めています。

その後の警察への取材で保険代理店の福元容疑者が吉崎容疑者に対して「個人情報を教えてくれたらお礼を渡せる」などと賄賂の提供を持ちかけたことが新たに分かりました。

また、商品券などの受け渡しはコネクトの事務所や鹿児島市内の路上などで行われたということです。

警察は詳しい事件の経緯についてさらに調べを進めています。

過去の記事