番組表
ON AIR

ニュース・スポーツ

鹿児島県職員ら39人が会食 鹿児島市内のホテルで2時間半にわたり送別会

2021年4月7日12:40

3月末、鹿児島県の職員ら39人が鹿児島市内のホテルで送別会を開いていたことが分かりました。

県人事課によりますと、送別会に参加していたのは当時の観光課長やPR・観光戦略部長など、県職員29人と県観光連盟の10人の合わせて39人で、3月26日午後6時半から2時間半にわたって鹿児島市内のホテルで開かれました。

会場は200人が収容できるホールで、席の間にはアクリル板が設置され、席の移動やお酒をつぎ合うことはなかったということです。

県は職員に対し、会食の際は3密を避けることなど感染防止対策を示していましたが、人数や時間など具体的な制限は設けていませんでした。

塩田知事は3月、県民に対し「会食は4人以下で2時間以内を参考に」と呼びかけていて、「職員に対して感染防止対策を具体的に示して徹底を図って参ります」とコメントしています。

過去の記事