番組表
ON AIR

ニュース・スポーツ

鹿児島市国道3号線の死亡事故 自衛官の男を危険運転致死の疑いで逮捕

2021年4月7日20:00

3月21日鹿児島市の国道で軽自動車と普通乗用車が衝突し軽自動車を運転していた男性が死亡した事故で、普通乗用車を運転していた自衛官の男が4月7日、危険運転致死の疑いで逮捕されました。

危険運転致死の疑いで逮捕されたのは、薩摩川内市冷水町に住む陸上自衛隊川内駐屯地の自衛官、南川悟大容疑者(22)です。

警察によりますと南川容疑者は3月21日午前3時すぎ、鹿児島市草牟田2丁目の国道3号線でアルコールの影響で正常な運転が困難な状態で普通乗用車を運転し、前方で右折しようとしていた軽自動車に衝突。

軽自動車を運転していた鹿児島市唐湊4丁目の自営業、武竜一朗さん(47)を死亡させた疑いが持たれています。

この事故で南川容疑者もけがをして病院に運ばれていて、警察は回復を待って7日の逮捕に至りました。

捜査関係者によりますと、南川容疑者の運転する車は鹿児島市街地から薩摩川内市方面に向けて国道を逆走していたとみられるということです。

南川容疑者は警察の調べに「よく覚えていない」として認否については話していません。

警察は詳しい経緯を調べています。

過去の記事