番組表
ON AIR

ニュース・スポーツ

鹿児島信用金庫職員 約690万着服で懲戒解雇

2021年4月7日19:45

鹿児島信用金庫は、顧客から預かった現金あわせて690万円あまりを着服したとして、31歳の男性職員を懲戒解雇したことを明らかにしました。

4月2日付けで懲戒解雇されたのは、鹿児島信用金庫田上支店の31歳の男性職員です。

鹿児島信用金庫によりますと、元職員は2020年12月から2021年3月までにかけて、複数の顧客から入金を依頼された現金を15回にわたって入金せず、あわせて690万円あまりを着服したということです。

顧客から、「現金を預けたにも関わらず口座に入金されていない」と申し出があり発覚したもので、被害額は元職員の保証人が全額弁済したということです。

元職員は「ギャンブルでできた借金の返済に充てていた」と話しているということで、鹿児島信用金庫では「今回の事件を厳粛に受け止め再発防止に向けて取り組んでまいります」とコメントしています。

過去の記事