番組表
ON AIR

ニュース・スポーツ

鹿児島県内で新たに16人の感染確認 屋内におけるサークル活動に伴うクラスター発生確認 新型コロナ

2021年4月7日19:55

鹿児島市で7日、屋内におけるサークル活動に伴う新たなクラスターの発生が確認されました。県内28例目のクラスターとなります。

鹿児島市によりますと、新たなクラスターとして確認されたのは、50代から80代の女性7人で、7人はサークル活動の休憩中にお茶を飲みながらおしゃべりをしていたということです。

鹿児島市はマスクを外しての会話で感染が広まったと推測しています。

市は「サークル活動そのものによる感染ではなく、接触者が把握できている」としてどのようなサークル活動か公表していません。

また、鹿児島市の7日の感染確認者数は3月28日以来の2桁となる11人となっています。

県内ではこのほかに5人の感染が確認され、累計の感染者数は1886人となりました。

県によりますと、6日時点で66人が医療機関や宿泊施設で療養中で、酸素の投与が必要な中等症が4人で、重症者はいません。

過去の記事