番組表
ON AIR

ニュース・スポーツ

「南九州の海を守り抜く」 10管本部 新本部長就任会見 鹿児島

2021年4月8日12:00

第10管区海上保安本部の新たな本部長が6日就任会見を開き、「豊かで安全な南九州の海を守り抜く」と抱負を述べました。

新たに10管本部の本部長に就任したのは、羽山登志哉本部長です。

羽山本部長は北海道出身の56歳で、これまで海上保安庁の警備救難部刑事課長や、第7管区海上保安本部の次長などを歴任してきました。

10管本部への配属は初めてとなる羽山本部長は、鹿児島の特徴として船舶や離島が多いことや、大雨や台風への備えが必要であることをあげました。

さらに重点項目として「自然災害に対する対応の強化」、「海上交通の安全の確保」、「海上治安の維持」の3つをあげた上で、「10管区全職員の力をあわせ豊かで安全な南九州の海を守り抜く」と抱負を述べました。

過去の記事