番組表
ON AIR

ニュース・スポーツ

「宇宙留学」に参加する小中学生の歓迎式 鹿児島・南種子町

2021年4月12日12:45

鹿児島県南種子町に1年間住んで地元の学校に通う「宇宙留学」に参加する小中学生の歓迎式が行われました。

25年前に始まった南種子町の「宇宙留学」は、町にロケット基地があることなどから全国的に人気で、これまでに791人の児童・生徒が参加しています。

2017年度からは家族そろっての「家族留学」も始まり、今年度は46人の児童・生徒が参加します。

6日の歓迎式では、岐阜県から来た、田中心晴さんが参加者を代表してあいさつし「ウミガメの赤ちゃんの放流が楽しみです」などとこれからの生活に期待を寄せていました。

南種子町では12世帯41人が家族留学制度を利用後に定住しています。

過去の記事