番組表
ON AIR

ニュース・スポーツ

ナイトツアーのルール作りに向け 環境省が連絡会議を設置 鹿児島・奄美大島

2021年4月19日12:00

鹿児島県奄美大島で夜間に野生動物を観察するナイトツアーのルール作りに向けて、環境省が住民らの意見を集約する連絡会を設置しました。

連絡会は、環境省や奄美市の住民の代表者らで構成されています。

奄美市住用町の市道「三太郎線」ではナイトツアーの増加に伴い、希少な野生動物が車にひかれたり、利用者同士のトラブルなど、観察のあり方が課題となっています。

ナイトツアーのルール作りをめぐっては2020年11月に1回目の実証実験が行われていて、連絡会では4月から実施される2回目の実証実験のルール案が了承されました。

利用者にはWEBでの事前予約や、時速10キロ以下での走行などといったルールの順守が求められるということです。

過去の記事