番組表
ON AIR

ニュース・スポーツ

出水市 高齢者への新型コロナのワクチン接種始まる 鹿児島

2021年4月19日19:55

新型コロナをめぐり、鹿児島県内各地で高齢者を対象としたワクチン接種が進んでいます。このうち出水市では、高齢者を対象としたワクチン接種が19日から始まり、90人がワクチンを接種しました。

高齢者を対象としたワクチン接種を始めた19日から始めた出水市では、出水総合医療センターなど市内3カ所の医療機関で接種が行われました。

ワクチンを巡っては、4月14日に予約を受け付けたところ、受け付け開始からわずか45分で予約上限の485人に達した経緯がありましたが、19日は目立った混乱はなく、90人の高齢者にワクチンが接種されました。

ワクチン接種を受けた住民は「痛くなかった。針を刺したときはインフルエンザの予防接種より痛くなかった」「自分のためにもみんなのためにも、早く打って良かった」などと話していました。

出水市では地域内の医療機関の協力を得られるなどとして、ワクチン接種については集団接種は行わず、医療機関での個別接種で対応することにしています。

出水総合医療センターの花田法久院長は「高齢者ということで色々なことが起こるのではないかと準備をしている。安全に確実に希望される人にできるだけ早く接種しようと思っている」と話していました。

19日にワクチン接種を受けた住民は、3週間後の5月10日に2回目の接種を受ける予定です。

過去の記事