番組表
ON AIR

ニュース・スポーツ

一般向けワクチン接種 鹿屋市は夜間にも集団接種会場常設へ 鹿児島

2021年6月2日19:41

鹿児島県鹿屋市では、今後、64歳以下の一般向けの接種が始まり、接種のスケジュールが遅れた場合、夜間にも集団接種会場を設ける計画を進めています。

鹿屋市では現在、65歳以上の高齢者約3万2千人のワクチン接種を進めていて、7月中にも終了する見込みです。

その後、対象年齢を引き下げて接種を進める予定ですが、鹿屋市医師会では、ワクチン接種に遅れが出た場合、夜間にも集団接種の会場を常設する計画を進めているということです。

若い世代は、仕事などで日中の接種が難しい人が多いというのが理由で、また、医師側も夜間なら協力が得やすいというメリットもあるとしています。

過去の記事