番組表
ON AIR

ニュース・スポーツ

【鹿児島県高校総体】ソフトボール決勝 男子:鹿屋農業 女子:鹿女子優勝

2021年6月2日19:36

全国高校総体出場をかけて熱戦が続く鹿児島県高校総体。2日はソフトボールの男女決勝が行われました。

日置市の東市来総合運動公園で行われた決勝戦。女子の決勝は、初優勝を目指す鹿屋中央と、11年ぶりの優勝を目指す鹿児島女子の対戦となりました。

準決勝で優勝候補の神村学園を下し、勢いに乗る鹿屋中央は初回、先頭の石村が三遊間を破るヒットで出塁します。

1、2塁とチャンスを広げ、ダブルスチールを敢行するもアウト!積極策は実りません。

一方、鹿児島女子は2回、1アウト2塁のチャンスで6番新森がライト前にはじき返し、先制します。

鹿児島女子は3回にも、5番森がセンターオーバーのタイムリー2ベースを放つなど、序盤で4点をリードします。

鹿屋中央は6回、連続ヒットでチャンスを広げ、3番・小白木のサードへの強いゴロが相手のエラーを誘い、1点を返します。

さらに2,3塁のチャンスで4番小治を迎えますが見逃しの三振で追加点ならず。

鹿児島女子のエース川上は、決め球のチェンジアップとコーナーを丁寧につくピッチングで粘る鹿屋中央を4対1で振り切りました。鹿児島女子は、11年ぶり12回目の優勝です。

男子は、鹿屋農業が2対1で鹿児島工業に勝ち、3年ぶり19回目の優勝を果たしました。

鹿児島女子と鹿屋農業は、福井県敦賀市で開催される全国高校総体に出場します。

過去の記事