番組表
ON AIR

ニュース・スポーツ

入居者男性に2日連続でコロナワクチン接種  鹿児島市の老人ホーム 

2021年6月3日18:55

鹿児島市の老人ホームで入所者の89歳の男性に誤って2日連続で新型コロナワクチンの接種が行われていたことが分かりました。

誤ったワクチン接種が行われたのは鹿児島市の住宅型有料老人ホームです。

鹿児島市によりますと、この施設では提携の医療機関が入所者に新型コロナワクチンの接種を行っていて、1日に1回目の接種を受けた89歳の男性に対して、2日誤って2日連続で接種したということです。

この施設では入所者が自由に出入りできる食堂でワクチン接種を行っていて、予診や接種の際に本人確認を行っていなかったということです。

男性に今のところ体調不良などは見られないということです。

鹿児島市は「ワクチン接種を行う施設に定められた手順を遵守するよう呼びかけ再発防止に努める」とコメントしています。

過去の記事